[Zwiftワークアウト] Lactate Shuttle Shortをやってみた [乳酸除去能力の向上]

(0 comments)

最近Zwiftに追加された1時間以内のワークアウト、Lactate Shuttle Shortを実施してみました。


◆目次
Zwiftワークアウト詳細
Zwiftワークアウト実施
結果レポート


Zwiftワークアウト詳細

Lactate gets a bad rap, but it's actually a crucial component to endurance sport performance.
This workout serves to improve your ability to shuttle lactate into nearby fibers where it can be transported across the outer mitochondrial membrane and metabolized.
乳酸は悪影響を及ぼしますが、それはスポーツのパフォーマンスを持続させるための重要な要素でもあります。
このトレーニングは、乳酸除去能力を向上させ、ミトコンドリア外膜を横切って輸送され、代謝されるようにします。
Stress Points: 43TSS
ワークアウト時間: 30分

中々にオレンジと赤成分の強いワークアウトですね(;'∀')

110%のZ4、120%のZ5を実施することで足に乳酸をためつつ、それらを除去する能力を向上させるのが狙いのようです。

果たしてラスト1分、しっかり強度を上げられるでしょうか...




Zwiftワークアウト実施

それではさっそく実施していきます。


まずはウォーミングアップ、低強度から始めてZ3近くまで上げていきます。
今回もケイデンス指定ありますね。
というか、負荷連動式のスマートトレーナー普及に伴い、新しいワークアウトはどれもケイデンス指定ですね!
私は負荷連動式持っていないので、最近また物欲が刺激されております...


ウォーミングアップを終えたら、最初のインターバル、120%を3分間!


しっかりと踏んでいきます。


1分間のレストを挟み、110%のインターバルへと突入します。


2本目を終え、早くも乳酸、疲労がたまってきました...


3本目、疲労感からか入りの出力が低くなってしまいましたが、なんとか強度を保ちます。


4本目、強度に少し慣れたのか持ち直してきました(*'▽')


後半はちょっと強度が落ち気味になってしまいましたが、なんとか8本目まで到達しました。
8本目の時点で結構足がきつくて、110%の維持がギリギリ!

その後、連続して120%を1分間です(スクショ忘れた・・・)。

Z5なので思い切って踏んで、なんとか1分間を乗り切りました!(*'▽')




結果レポート

今回も中々キツイワークアウトでした。

新たに追加されたワークアウト、いずれも40分以下と短時間な分、単位時間当たりの強度は中々ですね!

私はSST強度を長時間維持するのが苦手なので、こちらの方が向いている気がします(´_ゝ`)
(弱点の強化にはなりませんがw)

時短なトレーニングはやりやすいですね!

今後もちょっと寝坊した時など、積極的に取り入れていきたいと思います( *´艸`)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Currently unrated

Comments

There are currently no comments

New Comment

required

required (not published)

optional

required