【Zwift Academy 2018】8. Lactate Shuttling【乳酸地獄】

(0 comments)

Zwift Academy 2018、8つ目のワークアウト、Lactate Shuttlingです。

前回>>ブログ投稿: 【Zwift Academy 2018】7. Intensive Aerobic【10分間の全力走】


◆目次
ワークアウト詳細
実施
ライドレポート


ワークアウト詳細

Lactate is a fuel source for your body. Using this knowledge we can add an additional trigger to your lactate shuttling system.

By first raising lactate levels to a high concentration in the opening effort, we can then maintain this level for an extended period with balanced interval training.

This is achieved by exercising at a level that represents a balance between lactate accumulation and lactate combustion.

Zwift Academy 2018の8つ目のワークアウトは、乳酸(Lactate)をエネルギー原として効果的に使うワークアウトです。

最初のインターバルでしっかりと脚に乳酸をためて、乳酸蓄積と乳酸燃焼のバランスを取りながら頑張る・・・、乳酸地獄なワークアウトです(;'∀')




実施


まずはウォーミングアップから。
軽いスプリントを3回行って、手っ取り早く乳酸を貯めます(;'∀')


しっかりとケイデンスを高めに保ち、こなしていきます。


スプリントの後は、Z3の5分間で更に乳酸をためていきます。


Z3の後は、Z4の3分間で乳酸の蓄積を仕上げていきます・・・(;'∀')


乳酸チャージ完了w
メインセットまでのインターバルは1分間しかありませんので、乳酸を燃焼しきる前に突入します。


メインセットではZ3とZ2を繰り返し、乳酸濃度を上げ下げしていきます(;'∀')


インターバルのレストがZ2と、決して低くない、私は苦手な領域なので休まるところがなく、つらいです。


足が止まる程ではないですが辛い・・・、本当はZ2(緑)の箇所はZ1(青)に落ちないようにしなければならないのですが、微妙に落ちています。
(一部出力が0wになっているのは、足が止まったのではなくローラーの出力が途切れたため)


「乳酸蓄積を上げ下げするから科学者は混乱している」・・・?
なんのこっちゃ(;'∀')


なんとか10セット目に到達。
10セット、合計20分はとても長かったです(*_*)


本日の科学的レッスンは終了となります・・・。


しっかり乳酸をためるワークアウトだからか、いつもより長めにクールダウンを行って終了となります。




ライドレポート


今回もきついワークアウトでした。

瞬間的なきつさはないものの、真綿で首を締めるように追い込まれていきました(´_ゝ`)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Currently unrated

Comments

There are currently no comments

New Comment

required

required (not published)

optional

required