趣味アスリートのコロナ禍の過ごし方

(0 comments)

趣味アスリートとして、コロナ禍の過ごし方について考えてみました。

私がやっているのはトライアスロンなので、主にトライアスロンを中心に書きますが、ランナーやローディーの方にも通じるところはあるのかなと思います。


◆目次
前提
スイム
バイク
ランニング
最後に


前提

今こそ、これまでに作り上げてきた健康とタフな肉体と精神、そして、健全な生活習慣(食事、睡眠、ストレス管理)、バランスの取れたトレーニング習慣とライフスタイルを有意義に活用すべき時である。

Triathlon Lumina『新型コロナウイルス大流行中の今、トライアスリートとして考えたいこと〈前編〉』

URL:https://lumina-magazine.com/archives/news/18192

大前提として、今、優先させるべきは健康維持と感染抑止です。

とはいえ、普段から運動習慣のついた趣味アスリートにとって、ただただ家に引きこもって何もしないというのは、精神的にかなりの負担となります。

そのため、趣味でトライアスロンをやっている者として、以下の点に気を付けて、運動を継続していくのが良いと考えています。

  • 感染予防策を徹底する
  • ソーシャルディスタンスを保つ
  • 生活圏内から出ない
  • 怪我をしない
  • 免疫力を保つ

これらを前提として、スイム、バイク、ランそれぞれについて、今とるべき行動というのを考えます。




スイム

スイムは至極単純ですね、プール空いてませんから!

仮に空いているプールがあったとしても、今現在は行くべきではないでしょう。

もちろん、プールの衛生管理は徹底されているため、感染リスクはそれほど高くないと言われてはいますが、受付やロッカールームなど、人と接する機会、物を介して接触する機会はあるため、避けるべきでしょう。


プールに行けませんので、トレーニングは筋トレ中心となります。

私は普段あまり筋トレをしないため、良い機会だと思って筋トレにいそしんでいます。

主に二の腕の筋肉の強化に取り組んでいて、ゴムチューブを壁に固定して、お辞儀をした状態でクロールのフォームで引っ張るというのを、100回 x 4セットくらいやっています。

もちろんこれだけでは泳力は落ちてしまうと思われますが、泳げない現状においてある程度泳力が低下してしまうことはしょうがありません。

できる範囲で身体づくりに終始するのがいいでしょう。




バイク

ロードバイクと外出は切っても切れませんので、SNSを見ても考え方は様々ですね。

実走する場合、私は以下のことを徹底するべきだと考えています。

  • 生活圏内からでない -> 自宅から半径30km以内
  • 怪我リスクの高い走行をしない
  • 事故に遭わない
  • サイクリング中に飲食店、コンビニ、自動販売機、トイレを利用しない
  • ソーシャルディスタンスを保つ
  • マスク着用

特に、生活圏内について、意見が分かれるところかと思います。

自宅から半径30kmを広すぎだと思う人も、狭すぎだと思う人もいると思います。

私の場合は、職場まで18kmほどですので、その距離の自転車通勤は問題ないかなと思っています。

人通り、自転車通りの多いルートだと考えものですが、田舎暮らしですので人とすれ違うこともほとんどありません。

逆に、生活圏内であっても、ソーシャルディスタンスを保てないルートは避けるべきでしょう。

そのようなルートしかない、ということであれば、残念ですが走ること自体を自粛するのも一つの手です。

また、車載して走りやすい道がある場所に行く、ということも、それが生活圏内から出るのであれば、今は避けるべきだと考えています。


まぁ、何よりも、自転車でトレーニングしたいのであれば、やはり今はローラーでZwiftでしょう。

ただ、インドアトレーニングを行っている方、特に始めたての方は、オーバートレーニングには気を付けなければなりません。

過度なトレーニングは免疫力を低下させます。

外出自粛のこの機会に、とローラーを新たに購入してハードなトレーニングを積んでいる方をSNSなどで見かけます。

トレーニングとはそもそも、身体を痛めつけて、回復する過程で強くするものです。

身体を痛めつけたタイミングでは、筋肉が破壊されるだけでなく、免疫力も低下します。

そのため、特にトレーニングの量には気を付ける必要があり、いきなりトレーニングの量を増やすことは、今の状況下において特に危険です。

Zwiftの場合はTSSが表示されますので、単位期間あたりのTSSを積みすぎないよう、トレーニング量を管理すると良いでしょう。

トレーニングを始めたての方は、1日のTSSは75以下、平均で40TSS/日 以下が一つの目安となるかもしれません。

Stravaの有料プランでは、フィットネスという調子を表す数値で管理してくれますので、そちらもおすすめです。




ランニング

特に話題に上がることが多いように感じるランニング。

私は、以下のことを徹底すべきだと考えています。

  • 生活圏内からでない -> 自宅から半径30km以内
  • ソーシャルディスタンスを保つ
  • マスク着用
  • ランニング中に飲食店、コンビニ、自動販売機、トイレを利用しない
  • 怪我のリスクの高いメニューを行わない
  • 長距離・長時間のメニューを行わない(自分比)

やはりランニングで気を付けるべきはソーシャルディスタンスでしょう。

10mなどと言われていますが、10mって結構な距離で、目測にもばらつきが多そうです。

ストライドを基準に考えると目測しやすいかもしれません。

私はストライドが1.2mくらいですので、8歩分です。

やはり結構な距離ですね。

また、マスク着用についても言われています。

私は元々スポーツ用マスクを所持していましたので、それを着用するようにしています。

ランキャップ、アイウェア、マスクを着用するとかなりの不審者っぷりですが、それは普段の感覚で、今の状況下においてはこの方が周囲の人からしても安心できる格好と言えるのではないでしょうか。

スポーツマスクなだけあって、着用してても私のレベルではそれほどパフォーマンスには影響ないです。

手持ちがない方は、紫外線対策も兼ねて、バフを導入してみるのもいいかもしれません。



その他、気を付けることとしては、やはりランニングの場合もオーバートレーニングです。

「今までフルマラソン走ったことないけど、外出自粛ですることないしGWに挑戦してみよう!」

というのもチャレンジングで前向きな考え方だと思いますが、今までフルマラソン走ったことない人がフルマラソンを走ると、免疫力は大幅に低下することでしょう。

今は、特に過度なトレーニングは行わないよう、注意すべき時かと思います。




最後に

先の見えない不安な状況ですが、どうなるにしろ、今できることをやるしかありません。

自粛はしつつも、今をしっかりと楽しむことを忘れず、自分にとっても、周囲にとっても良い生活を過ごせるといいなと思います。

サイクリング、トレーニングのお供に

手軽にパワトレ、Zwift始めるなら

トレーニングの記録、ライフログに

このエントリーをはてなブックマークに追加
Currently unrated

Comments

There are currently no comments

New Comment

required

required (not published)

optional

required