水泳始めて1年、ついに1500m30分切れました!!!(・∀・)

(0 comments)

水泳始めて一年ほど。

ついに・・・、ついに1500m30分切れましたー(・∀・)


◆目次
1500m29分51秒
短縮できた要因
来シーズンまでにいけるか25分カット


1500m29分51秒

とりあえずの目標としていた1500m30分切り。

こんなに苦戦するとは予想だにしていませんでしたが、ついに達成することが出来ました(*´з`)

  • 短水路(25m)
  • プルブイ使用

と、タイムが出やすい条件ではありますが、それでも今まで全然達成できず、トライアスロン3種目の中ではスイムが特に苦手な私には、大きな壁となっておりました(^_^;)

今までのタイムの変遷はこんな感じです。

先月1500m泳いだ時は33分ジャストでしたが、そこから一気に3分も短縮できました(・∀・)




短縮出来た要因

1500m30分というタイムは全然大したことはなく、倉トラだとスイムラップで150位程度ではあるのですが、私からすると決して小さくはない成長、嬉々として要因を書いてみたいと思いますw

ログはこんな感じ。
左が前回(33:00)、右が今回(29:51)となります。

今までは・・・、泳ぎ出しで元気なのをいいことに、最初に突っ込みすぎですね・・・(;・∀・)

今回はとにかく、無理をせず、なおかつ、楽をせず、とにかく50m1分のペースを目安に、遅れないようにすることはもとより、早すぎることもないよう、一定のペースを維持することを強く意識しました。

また、もう一つ気を付けたのはストロークです。

前回平均が17なのに対して、今回は14!

1回1回のストロークを丁寧に、かつ、しっかりと水をかくことを意識し、無駄打ちちしないようにしました。

また、息継ぎも変更しました。

私は右側の方が息継ぎが得意なので、以前までは、右側で、毎回、息継ぎをしていました。

ただ、それだと息継ぎでのロスが大きすぎてしまうため、今回は、3ストロークに1回、左右交互に息継ぎとしました。

上記を全部組み合わせることによって、

  • 無理して突っ込みすぎず、1回のストロークを大切にしっかり水をかく
  • 無駄な消耗がないから呼吸に余裕が生まれる(2ストロークに1回じゃなくても息が持つ)
  • 息継ぎの回数が減るから、より効率的にストロークが出来る

という好循環を、1500m、30分間継続することが出来ました(*´ω`*)

一気に3分も短縮出来たので、泳いでいる時はとても不思議な感覚で、そんなにきつすぎないのに、50m1分のペースをしっかりとキープ出来てて、今までより推進力も感じられました。

今までの自分と比較するととてもいいペースで泳げていたため、前半はどこまで持つのか全然予測もつかなかったですが、後半は自信をもってペースをキープすることができました(*'ω'*)

また、1回1回のストロークを丁寧にしているので、泳いでて以前よりとても静かでした。

今まではバチャバチャと無駄な動きをいっぱいしていたのでしょうな・・・(;・∀・)




来シーズンまでにいけるか25分カット

30分切れたことは嬉しいものの、トライアスロンでそれなりに上位を目指そうと思ったら、最低でも25分は切らなければなりません。

今まではどうやってタイムを伸ばしたものか・・・と、正直よく分からなかったのですが、今回のタイム向上でやらなければならないことも見えてきました。

なんとか来シーズンまでには25分カットを達成できればいいなーと思いつつ・・・、流石に無謀かなー、どうかなーといった感じです(^_^;)

トレーニングの記録、ライフログに

このエントリーをはてなブックマークに追加
Currently unrated

Comments

There are currently no comments

New Comment

required

required (not published)

optional

required