【トレーニング時間確保】朝型生活のすすめ【子持ちローディー必見】

(0 comments)

最近忙しくて、ブログ更新も週に1回を保つのがやっとです(;´・ω・)

何が忙しいって・・・、そりゃもちろんこれです。

ブログ書いてる場合じゃない(!?)面白さです、困った困った・・・(;一_一)


それはさておき、

私は半年以上前に生活を朝型に切り替え、継続しています。

具体的には、5時起床22時就寝です。

これがまた調子よく、私生活のバランスも非常に取りやすいので、とってもお勧めです(*'ω'*)


◆目次
なぜ朝型に切り替えようと思ったか
朝型生活タイムスケジュール
朝からハードなトレーニングを行うことは出来るのか
成長ホルモン?美肌?薄毛解消?
朝型生活に切り替えるコツ


なぜ朝型に切り替えようと思ったか

私は5歳の娘がいます。

子供がいるとどうしても平日の夜は行動が限られてしまいます。

具体的には、

 帰宅したら子供と遊んで

 夕食を食べて

 また少し子供と遊んで

 お風呂に入れて

 寝かせる

というのをやる必要があるわけですね、毎日(´_ゝ`)
(現在妻が専業主婦なので、これでもだいぶ少ない方ですね)


もちろん子供と遊んだり成長を見守ることは、非常に楽しく有益な時間ですが、プライベートな時間は子供が寝た後だけになります。

ロードバイクのトレーニングを始め、最初のうちは週1~3回ほど、21時くらいからローラーに乗っていましたが、頻度を上げるにはある程度子供と遊ぶ時間などを犠牲にしないとならなかったりするため、限界を感じていました。

そこで、夜乗るのではなく朝乗ることにしました。




朝型生活タイムスケジュール

現在、平日は以下のタイムスケジュールで安定しています。

 0450:起床

 0500~0520:朝食

 0520~0600:コーヒー飲みながら、ブログ書いたりネットサーフィンしたり

 0600~0730:トレーニング(前後の準備、シャワー含む)

 0730~0800:身支度

 0800~1900:仕事

 1900~1930:子供と遊ぶ

 1930~2015:夕食

 2015~2100:入浴

 2100~2200:疲れに応じて就寝

睡眠時間が気持ち少な目、出来れば7時間半確保したいところですがなかなか難しく、大体6時間ちょっとになっちゃってます。


この生活の何がいいって、子供との時間を犠牲にせずにトレーニングできるようになったことはもとより、夜更かしをしなくなったことが大きいです。

夜更かししている時間が有益なものであればよいですが、私の場合は夜更かしして過ごしていた時間はネットサーフィンなどの(私にとって)無益なものばかり。

トレーニングすることが有益かと言うと、まぁ趣味なので微妙なところではありますがw、私にとって無益な時間を減らして有益な時間を確保することができるようになったのは大きいです。

冒頭のゲームはなんだって?ありゃ楽しいから私にとっては有益です!w

ちなみにゲームも隙間時間見つけてやってるだけなので、夜に終わり時間決めずにやるなんてことはしていません。

翌日のトレーニングに支障をきたしますからね(´з`)




朝からハードなトレーニングを行うことは出来るのか

最初はやはり生活リズムに体が慣れておらず、すっきり起きてくれませんでした。

トレーニングができるかどうかというと、一応最初から出来てはいました。

が、やはり強度高めのメニューはなかなか辛かったです(まぁいつやっても辛いけどw)。

ですが、健康的な生活リズムだからか、1,2週間ほどで生活リズムにもすぐ慣れて、トレーニングもしっかり行えるようになっていきました。

ただ、やはり睡眠時間が6時間少々と若干少な目なので、トレーニングを続けていると週に1回くらいとても眠いことがあり、そういう日は21時くらいに就寝するようにしています。




成長ホルモン?美肌?薄毛解消?

22時~2時くらいに成長ホルモンが多く分泌される

とかいう話を誰しも聞いたことがあるでしょう。

朝型生活を紹介するにあたり、その辺りのことも書こうかとググってみたら・・・、なんか時間に信ぴょう性があるんだかないんだか微妙な結果に・・・w

ただ、少なくとも十分な睡眠や規則正しい生活習慣は、体にいいこと間違いなしのようです(雑

薄毛解消なんてのもありますので、薄毛に悩んでいる方は、鏡見てる暇があったら生活習慣を見直した方が良いでしょうw

ちなみに私は多少きている、生活習慣よかろうが禿げるときゃ禿げるんですよ(´_ゝ`)




朝型生活に切り替えるコツ

それほど決定的なコツはありませんが、いくつかちょっとしたコツを。

朝早起きした時にすることを決めておく

私の場合はローラー or ランニング or ブログ執筆。

やらなければならないことより、自分のしたいことを朝の時間に行うことにしておくと、「やりたいことのために早く寝なきゃ」という心理が働きますので、自分を望んだ方向に動かしやすいです。


頑張るのは起きることじゃなくて寝ること

しっかりとした睡眠時間・質を確保できれば、別に朝早くても普通に起きられます。

最初は普段と違う時間だと、寝つきが悪かったり質が低かったりするかもしれませんが、数日も続ければすぐ慣れます。

後は、就寝時間になっても寝ないということをなくすだけです。


陽の光を浴びる

いいらしいですよ、私は特に意識してませんが(ぉ


目覚ましを工夫する

これは家族に迷惑をかけないため。

寝室が同じなのであれば、家族を巻き込まないよう配慮しましょうw

私は最近はスマホのアラームではなく、スマートウォッチのアラーム(バイブのみ)で起きるようにしています。
>>ブログ投稿: 【タフネスGPSアウトドアウォッチ】Garmin Instinct ファーストインプレッション


朝食の確保

地味に面倒な朝食。

私はフルグラを箱買いして、ブルガリアヨーグルト(脂肪0)と混ぜて食べています。

手軽で時間かからないのでとっても便利です。

ロードバイク強い人ブログ見てると、大体が「くたくたのオートミール」ですがw、そこまで行くと末期(いい意味でw)だと思うので、していません(´_ゝ`)



実は、私は割とすんなり切り替えることができたので、上記のコツは始める前に意識していたものというより、今思い返してコツにあたるようなものだったりします。

おそらく簡単に切り替えられた要因として、トレーニング時間を確保するという目的を持ったことが大きいと思います。

朝型生活にすることが目的ではなく、目的のために朝型生活にする、その目的がトレーニング時間の確保だったり、健康だったり、薄毛解消だったり、それは人それぞれでしょうが、しっかりと目的があればその実現のために行動するだけと、非常にシンプルなものになります。(もちろんそれが難しいんですけどね・・・)

仕事だったり家庭だったり、中々都合のつかない方もいるかと思いますが、実現可能な方にはとてもおすすめな健康的な生活ですので、朝型生活、とってもおすすめです(*´ω`*)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Currently unrated

Comments

There are currently no comments

New Comment

required

required (not published)

optional

required